2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.29

みーんな、つながってる

先週は、旦那さんの実家に帰省してきました。

息子くん、初めての新幹線だったので、どうなることやら、と少し心配しましたが、思いのほか楽しそうに過ごしてくれて、心配はどこへやら…。
お父さん、お母さんに、たくさん甘えさせてもらって、ゆっくりのんびりさせてもらいました。


帰りの新幹線で一緒になったママは、ベビーカーに男の子と、エルゴで抱っこした娘ちゃんを連れて、浜松へ帰るとのこと。
ママ1人で、こどもを2人連れて新幹線、すごいなぁーと感心しちゃいました。

こどもができる前は、新幹線で出会った方と話をするなんて、ほとんどなかったのに、声をかけられることが増えてワクワクしたし、帰りの電車でサラリーマンの方が、エルゴで抱っこをしていた私に、席をゆずってくださって、またすご〜く嬉しかった。

息子くんのおかげで、見ず知らずの方とも気軽に話すことができるようになって、なんだかすごいアイテムを手に入れてしまったかんじです!



先日は、ずーっとずーっと気になっていたことが、想いも寄らぬところで、ストンと解決したことがあって、本当に嬉しかった。

偶然だと思っていたことも、実は必然的に起きていることなのかも。


そして、どんなに遠まわりしても、みんなみんな意味があって、結局は最善の結果になっていると。

なによりも、みんなみーんな、素敵な、不思議な輪で、つながっていることを感じた出来事でした。

2015.03.22

『春に』



『春に』

作詞:谷川俊太郎
作曲:木下牧子


この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

枝の先のふくらんだ
新芽が心をつつく
喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある
憧れだそして怒りが隠れている
心のダムに堰き止められ
よどみ渦巻きせめぎ合い
今あふれようとする

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
明日と 明後日が一度に来るといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう



◆北街道フリーマーケット 駿府市・鷹の市

日時:2015年3月28日(土)9:00〜14:00頃まで
*雨天中止

詳細は、北街道の唄PROJECTのHPにアップされます!


*私は、仕事のため残念ながら行けません…(>_<)
ごめんなさいm(_ _)m

2015.03.15

流星ワゴン

今日、偶然、初めて『流星ワゴン』というドラマを見ました!

最近、ドラマを続けてみてるのは一つだけだったので、今日、初めて見て、どうして今まで見なかったんだろうー、と後悔(≧∇≦)

でもでも、原作を読んでみたいと思いました。

そして、最近考えていたことと、ちょっとシンクロしていた気がして、なんだかビックリしてしまいました。
思い残したこと、やり残したこと。
人生のターニングポイントに戻れる車。



昔、『スライディング・ドア』っていう映画があったけれど、そのテーマにも少し通じるものがあるような。


まだ33年しか生きていないわたしだけれど、人生のターニングポイントは、何度もあります。

あのとき。
もしも。

今の自分なら、違う決断をしていたのか…。


ううん。
きっと、結末は、そう変わらないはず。


でも、なんでも自分次第で、どんなふうにも動いていく。


たくさんの岐路に立たされたからこそ、今は、自分の直感を信じて、まっすぐ選び取るだけ。


2015.03.12

Spring has sprung.

3月。
別れや旅立ち、出発、岐路、変化のとき、芽吹きの季節。
一足早い桜が咲きはじめると、いろんな気持ちになったり、さまざまなことが思い起こされます。

あのとき、もし、そうしていたら。

もし、そう言っていたら。

そうなっていなかったら。

もしも、って思ってしまうこと、いろいろあるけれど。

わたしは、起きてきていることに、みんな意味がある、と思っているし、そう思わずにはいられません。

そのとき選んだことが最善の選択。



わたしは、話すことや文章が下手だし、思っていることを言葉にして伝えるのが悲しいくらいほんとうに下手です…。

きっとブログを読んでくださる皆様も、まゆちゃんは、なにが言いたいのやら…
と、思われるはず。


相手がなにを言わんとしているか…よみとることも、正直、得意ではなく。
鈍いんだよね、わたし、って言ったら。
えー?今さらー?
なんて、言われたりすることも多々。

きっと、無意識のうちに傷つけたり、いやな気持ちにさせてしまっていること、今まで、たーくさんあります。

もう今までの私の言葉や行動は取り消せないから。

もしも、疎遠になってしまった大切な人たちに、ひとりひとり、ゆっくり会うことができたら、ごめんなさい。と、ありがとう。を、ていねいに伝えられたらいいな。


話は変わりますが、静岡に住んでいらっしゃらない方にもCDを聴いてもらいたい!

コメントから、そんな気持ちにさせてもらたので、プロフィールのところにアドレスをいれました。

mayu's melodiesのCDをご希望の方は、ぜひメッセージをくださいませ♫

◆北街道フリーマーケット 駿府市・鷹の市

日時:2015年3月28日(土)9:00〜14:00頃まで
*雨天中止

詳細は、北街道の唄PROJECTのHPにアップされます!

2015.03.08

今日もどこかで

さっき、車の中でFMから流れていた小田和正さんの曲。

素敵な素敵な歌詞でした。


『今日もどこかで』

気づかないうちに 助けられてきた
何度も 何度も そして これからも

数え切れない やさしさに 出会ってきた
なつかしい 笑顔が 浮かんでは 消えてゆく

誰かが いつも 君を 見ている
今日も どこかで 君のこと 想ってる

巡り会って そして 愛し合って
許し合って 僕らは つながってゆくんだ

透きとおる 光が 分け隔てなく
すべての人たちに 朝を運んでくる

その一歩を もう ためらわないで
誰かが きっと 受け止めてくれる

いちどきりの 短いこの人生
どれだけの人たちと 出会えるんだろう

ほんとうに 大切な人たちと
かけがえのない その人と この広い 空の下で

降り続く雨は やがて 上がる
かくれてた 青い空は どこまでも 広がってく

誰かが いつも 君を 見ている
今日も どこかで 君のこと 想ってる

巡り会って そして 愛し合って
許し合って 僕らは つながってゆく

誰かが いつも 君を 見ている
今日も どこかで 君のこと 想ってる

巡り会って そして 愛し合って
許し合って 僕らは つながってゆくんだ

2015.03.05

『昼下がりの山口線』にまつわるエトセトラ

のちに『昼下がりの山口線』になる曲の、タイトルや前奏を考えていたとき。

『昼下がりの…って聞いたら、よからぬことが起こりそうな印象がするー』、なんて母に言われて(笑)
オードリ・ヘップバーンの映画のせいかしら…。

タイトルから受けるインスピレーションも大事と、思っていたので『夕暮れの錦帯橋』にしようか、実は迷ったりも…。

でも、やっぱりあの前奏は『昼下がりの山口線』としか考えられず。

そして、メロディも今のものより、ふわーっとしていて、はっきりとしたメロディのないものでした。

作った当時は遠距離恋愛の真っ最中だったので、すご〜くポカポカなイメージで、楽しい想い出もいっぱいあったけれど、幼すぎた恋愛は悲しい結末でした。

だんだん大人になっていく途中だったからかな。
社会に出て、描いていたものと現実とのギャップに疲れてしまったり。

私は音大には行かない、という選択をしたので、最初はケーキ屋でアルバイトをしていたけれど、やはり弾くことはやめられず、お店でのピアノ演奏や、結婚式での演奏の仕事、演奏活動に無我夢中でした。

自分は何をしたいのか、なにをどうやっていったらいいのか、どう生きていきたいのか。
さっぱりわからず、ただただ毎日を過ごすことに必死すぎて、がむしゃらに走っていた20代だった気がします。

今、ふと気になって調べてみたら…
若さ ・青春を、フランス語ではジュネスというそう。
ビックリ!
ジュネス に、そんな意味があったなんて!


悲しい結末だっただけに、『昼下がりの山口線』は演奏するのはやめよう、と思っていたけれど、森下さんが歌詞をつけてくれて、『帰郷〜昼下がりの山口線』ができました。
森下さんは、私の遠距離恋愛を陰から見てたんじゃないか?って感じるような部分もあったりして。
ちょっと恥ずかしかったりもしたけれど。

最初は演奏するのも嫌だったけれど、歌詞をつけてもらったことで、また全く別の曲として生まれ変わった気もしたし、何度も何度も演奏して、皆さんに聴いていただくことで、やり場のなかった気持ちが昇華していったように思います。

逃げることより現実をハッキリ認めること、しっかり向き合うことが、演奏を続けることで、できた気もします。


森下さんが歌詞をつけて歌い続けてくれていなかったら、たぶんこの曲は、お蔵入りしてましたね。

森下さんに、やっぱり感謝感謝です。

そして今、歌い続けてくださっている、杉本さんや、WOODY BELLさんにも感謝です(^人^)


いろ〜んな今までのできごとが、今の毎日を与えてくれているんですもんね。
みんなみんな自分に起こった出来事は、いいコトも、わるいコトも、自分が引き寄せたんですね、きっと。

って、育児真っ最中の私たち夫婦には、これから、たくさんたくさん試練が待ち受けてます。

さぁーがんばるぞっ!!

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »